コロナ渦での「リモートワーク文化」で重要となるポイントとは?

 

企業内の社会的秩序のことを「企業文化」と言います。それは企業の行動、取り組み姿勢、人事などに影響を及ぼします。企業文化の基準によって、社内で許容されること・されないこと、奨励されること・されないことが決まってくるのです。企業文化は、個人のニーズや信念に適切に結びつけば、共通の企業目標の達成に役立つ場合があります。

一方、会社内のデジタル文化は、経験・利害・優先事項の共有によって社員たちを結びつけており、それは「リモートワーク文化」と言われます。健全なリモートワーク文化をもつ社員たちは、物理的な境界を超えた仲間意識を持ちます。

明確に定義された文化を持たない企業でさえ、社員は仲間意識を持っています。それぞれの社員は直感的に、どの様な行動が評価され、何が期待されており、どんな場合に自己判断で行動でき、どんな場合に上の立場の人々から許可を得なければならないか、ということを理解しています。

リモートワーク人口が増えている現在、企業がリモートワーク文化の確立を検討し、必要なツールや手続きを導入することが今まで以上に重要になっているのです。

リモートワークを導入する上で、企業が考慮すべき最も重要な側面は、以下の5点です。

 

テクノロジー

テクノロジーは、リモートワーカーたちを結びつけるものであり、リモートワーク文化の大きな部分を占めています。新しい仕事を探す場合、82%の人が職場のテクノロジーが一つの決定要因となると言っています。

さらに、ミレニアル世代の人たちは、職場で使われているテクノロジーが標準以下のレベルである場合に、その職場を一層離れたくなるようです。

 

柔軟性

社員は柔軟性、スペース、仕事をする上での自己裁量を求めます。社員に疎外感を感じさせたり、締め出しを食った様に感じさせたりしないことが非常に重要である一方で、常に事細かな部分まで管理されている様に感じさせないことも大事なのです。

 

変化にオープンなメンタリティ

企業文化は、持ち場に関わらず、誰にとっても魅力的なものでなければなりません。また、キャリア アップ、新たなスキルの取得、能力や可能性の拡大のための適切な機会を各社員に与えましょう。

 

リモートワーク文化を持つ必要性

企業の将来の繁栄は、間違いなく、リモートワーク文化によって後押しされます。

自宅勤務は、徐々にニューノーマルとなりつつあります。世論調査によると、新型コロナの感染拡大が山場を超え、物理的隔離のルールが緩和されたあとも、現時点で74%以上の最高財務責任者が、少なくとも一部の部下にはリモートワークを続けさせる、と述べています。

 

リモートワーク文化によって長期的な結びつきが育まれる

社員にオフィスへ戻るように促し、職場勤務を完全に復帰させたとしても、適切なリモートワーク文化は企業にとって必ずプラスになります。 

リモートワークをしていた社員にとって、オフィスで同僚たちと関わり合い共同作業をするのが容易になるだけでなく、リモートワークからオフィスワークへの移行もよりスムーズに行えるのです。